新刊のおしらせ&GW即売会中止を受けて

投稿者: tejoumoe 投稿日:

既報のとおり、GW開催のコミックマーケット98、大崎コミックシェルター、文学フリマなども即売会・イベントが中止となりました。

各イベントの準備会の皆様、運営の皆様、関係者の皆様、大変なときにご判断いただき誠にありがとうございます。頭の下がる思いです。本当にお疲れ様でございます。

私自身、即売会参加をライフワークとしているので、
毎日サークル出展できて史上最高になるはずのGWを、とても楽しみにしておりました。
しかしながらこの状況なので、当然の結論だと思います。
残念だと思う気持ちはありつつも、どこかほっとしたのも事実です。

皆様とにかく皆様安全第一で、ご体調にお気をつけてお過ごしくださいませ。

とはいえ、どうしても書くことがやめられずw
新刊をうっかり入稿してしまいました…!

正直なところ、制作にあたりいろいろ葛藤はありました。
この状況で作っていい内容の本なのかとか、
もはや延期したほうがいいのではないかとか、
通販対応する書店様は大丈夫かとか
運送会社様は大丈夫かとか
印刷所様は大丈夫かとか……

でも皆様それぞれのご事情やお考えを、私が勝手に決めて判断して、
勝手に空気読んで新刊延期……というのは、
さすがにちょっとコミュニケーションできてなさすぎですし、
勝手に損失をさせてしまうのでは思いました。
要は、それぞれの企業様に、私の依頼があればあったはずの利益を、
私の「勝手な」おもんぱかりで奪うことになるのは本意でないという考え方です。
とはいえ、本当に出社不可能とか、作業不可能とか、いろいろなご事情でできないこともあるかと思います。なのでご判断いただきたいなという考えからも、
私からのアクションとして発注、申請させていただきました。

・私は新刊を制作する(私マター)
・その印刷や書店委託や運送が可能かどうか、行うかどうかについては、それぞれの企業様マターなので、ご判断いただく。

という考えにもとづき、新刊制作、頒布、委託を依頼したという形です。
いろいろなお考えがあるなかですが、ご理解いただけましたら幸いです。

また、いつもお世話になっている皆様へは、
本当に感謝しかございません。いつもありがとうございます。
ほかの作家様の、何があっても前を向くへこたれなさにも、すごく勇気づけられました。

私の書いているものは、情報というよりかは文芸色の強い評論ですし、それはつまり不要不急そのものでしかないコンテンツなのでw
たとえ通販だろうとお手にとることも憚られるかもしれません。
(そんな場合じゃない&制作や通販に関わる人の感染リスクを増やすな、など)

ただ、私の考えは上記のように、すべて各ご担当の方にご判断を委ねさせてください。
そして私自身は、社会がどんな状況になっても、そして自分自身がどんな状態になっても、一生文章を書き続けいていきたいと思っています。
紙ではなくDL版だとしてもオンラインイベントだとしても、どんな形でもコンテンツに執着し、しがみついていきたいです。
なぜなら、私にとっては書くことが希望で、そして書いたもの(コンテンツ)が希望で、それで読んでくださる方に問えるという評論の構造自体が希望だからです。
(だからこそ書くことがやめられず新刊を作ってしまいましたw)

そして勘違いいただきたくないのが、私はイベント強行派ではありません。
私自身、実家の高齢の両親、そして90代の祖父母など、絶対に守らなくてはならない存在があります。
自分の立場を表明するのもあまり好きではありませんが(知名度的に必要か悩む&思想的な分断を避けたいため)、勘違いされたらやだなと思い一応言っておきますw

何はともあれ! 収束の暁には、最高の笑顔でお会いできたらいいなと思います。
どうか皆様安全に、お体にお気をつけてお過ごしくださいませ。

というわけで長くなりましたがw
新刊の告知させてください~~~!! そしてさっそくたくさん予約いただいて、めちゃくちゃうれしいいいいああああああ

4/20発売予定・予約スタートです。

【新刊のおしらせ】
『推しが結婚するということ』


推しの結婚をメインに、炎上や死など、おめでたいことからそうでないことまで、推しに起る出来事と、それらへの向き合い方を探る処方箋としてのファンカルチャー評論!
(A5 32P 500円)

☆もくじ
はじめに 推しと自分の関係なさについて
CHAPTER-1 推しが××するということ
推しが結婚するというと
推しが逮捕されるということ
推しが炎上するということ
推しが卒業/引退するということ
推しが死ぬということ
CHAPTER-2 推しをめぐるケーススタディはなぜ不可能なのか
CHAPTER-3 私たちが日常に戻るということ~それでも人生は交差する
おわりに 何があっても生き延びなくてはならない

☆頒布書店

・BOOTH
https://booth.pm/ja/items/1931696

・メロンブックス
https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=647504

・とらのあな
ページ公開いただきましたらお知らせいたします

・そのほか展開検討中です。

【既刊のお知らせ】
在庫切れだった既刊を再販いたします。こちらも4/20発売となります。

・BOOTHのみで展開中です!
https://tejoumoe.booth.pm/

ほかにもオンライン中心でもろもろ検討中です! 引き続きよろしくお願いいたします!

カテゴリー: お知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です